第67回長野県図書館大会・第29回北信越地区学校図書館研究大会のお申込みはこちらから

2017.08.21  カテゴリー: 図書館大会

第67回長野県図書館大会が平成29年11月11日(金)に長野市(ホクト文化ホール、信州大学、県立長野図書館)で開催されます。今年度は、第29回北信越地区学校図書館研究大会と併催で行われます。

大会のご案内や、参加申込みは下記サイトからお願いいたします。


▼申込サイト(東武トップツアーズ株式会社長野支店)

https://conv.toptour.co.jp/shop/evt/nagano67/

 

【お問合せ】企画協力課(TEL:026-228-4939)

「長野県政出前講座」のご案内ページを作成しました

2017.08.05  カテゴリー: お知らせ

県立長野図書館では、日常の中で直面する課題を解決する場のひとつとして図書館をもっと活用していただくために、長野県政出前講座にプログラムを開設しています。

このたび、講座についての詳細な内容に関するページを作成しました。関心をお持ちの方はぜひご覧いただき、お気軽にご相談ください。

平成29年度テーマは「知ること」をもっと楽しくー図書館の新しい使い方ー」です。

皆様のお申込みをお待ちしています。

 

図書館について」 >「長野県政出前講座」(サイト内リンク)

 

【お問合せ】企画協力課(TEL:026-228-4939)

【県庁夜大学】県立長野図書館持ち込み企画「あなたも作れる”Wikipedia”」

2017.08.04  カテゴリー: お知らせ, 図書館フォーラム

第16回県庁夜大学(公開講座)

あなたも作れる“Wikipedia”

―ウィキペディアンといっしょに編集体験!―

8月19日(土)に市立小諸図書館で開催する「WikipediaLIB@信州#02【小諸編】」の前日に、同じくウィキペディアをテーマにした小さなイベントを当館で行います。

これは、SHIP(信州イノベーションプロジェクト)が実施している県職員向けの勉強会「県庁夜大学」に当館が企画を持ち込み、公開講座として行うことになったものです。

「信州発・これからの図書館フォーラム」として位置づけているものではありませんが、当館の取組のひとつとしてここでお知らせいたします。

一般枠は10名となっていますので、関心のある方はぜひお早めにお申込ください。詳しくは下記およびSHIPのFacebookイベントページをご覧くださいね!

「あなたも作れる“Wikipedia”―ウィキペディアンといっしょに編集体験!―」

仕事や生活などさまざまな場面で調べものをするとき、Wikipediaを見たことがないという方は少ないのではないかと思います。検索結果の上位にあがってくるので、自然と参考にすることが多いですよね。ただ、そうやって便利に活用しつつも、「これって本当に信用できる情報なのかな」「誰が書いてるのかな」などなど、ちょっと不安を感じたり、案外知らなかったりすることも多いのでは?

そこで今回、ウィキペディアの「中の人」であるウィキペディアンの海獺(らっこ)氏に、ウィキペディアのことをわかりやすくレクチャーしていただきます。さらに、図書館の資料等を使って、簡単なウィキペディアの編集体験もしてみます♪

閉館後の県立図書館で、サンドイッチを食べながらみんなで楽しく情報リテラシーをアップしちゃいましょう!気軽に参加してくださいね。


・日 時:8月18日(金) 19:00~21:00
・場 所:県立長野図書館 ナレッジラボ
・参加費:500円+軽食代500円 計1,000円
・定 員:30名(内一般枠10名)
・講 師:海獺(らっこ) 氏(ウィキペディア日本語版 元管理者)
・申 込:https://goo.gl/forms/g6diLSyoQ9zzPtzG2


▼こんなことします
・ウィキペディアって何なのだろう?というお話 (海獺さん)
・一人ずつウィキペディアを編集してみよう (海獺さん・図書館)

▼おねがい
・できればウィキペディアのアカウントを取得してきてください。取得のやり方はこちらをご参考に。
→当館サイト http://www.library.pref.nagano.jp/wikilib_170819
・ノートPCを持参できる人は持ってくる(無くても全然大丈夫ですが、あれば編集作業が楽です)

※アカウントのとり方や内容等、ご不明な点がありましたらお気軽にお問合せください。

【お問合せ】県立長野図書館企画協力課 担当:小澤 TEL:026-228-4939

※参加のお申込みは、SHIP(https://goo.gl/forms/g6diLSyoQ9zzPtzG2)まで

————————–————————–—————–

(以下、SHIPによる説明です)

▼「県庁夜大学」について

スキルアップのための研修やセミナーが各地で開催されていますが、なかなか足を運ぶ機会や時間がないのが現状だと思います。でも、ちょっとしたスキルを身につけたり、新たな視点に気付くことで、日々の業務や生活に対するモチベーションが上がることがあるのではないでしょうか。
そこで、SHIPでは、県庁職員(交流職員や嘱託職員、臨時職員等を含む)を対象にした勉強会、「県庁夜大学」を毎月1回開催しています。普段は、県職員向けに開催している「県庁夜大学」ですが、今回は夏休み&県立長野図書館開催ということもあり、10名だけになりますが一般の方の枠もご用意しました!

▼参加費について

参加費500円については、外部講師をお呼びする際の謝礼に充てる他、余剰金が生じた場合は、県内の地域活動を支援するため「長野県みらいベース」に寄附させていただきます。http://www.mirai-kikin.or.jp/
県職員が「県庁夜大学」に参加してスキルアップや交流を図ると同時に、県内の地域活動が活性化するという好循環を生みたいと考えました!


<関連情報>

「信州発・これからの図書館フォーラム」(当館Facebookページ)

「WikipediaLIB@信州#02【小諸編】」開催します(当館サイト内リンク)

一般財団法人長野県文化振興事業団長野県埋蔵文化財センターと協定を締結しました

2017.07.28  カテゴリー: お知らせ

平成29年6月30日(金)、一般財団法人長野県文化振興事業団長野県埋蔵文化財センターと県立長野図書館は、その所有する情報へ誰もがアクセスしやすくするため、連携協力する覚書を締結しました。

主な連携協力事項

  • 県立長野図書館業務システムによる蔵書管理の統一化に関すること
  • 資料の相互貸借に関すること
  • 参考調査に関すること
  • 利用者向け講座・展示等のプログラム企画に関すること
  • 県内地域情報資料のデジタルアーカイブのポータル構築研究・実現に関すること

当館は、県内のさまざまな機関が所有する信州に関する情報や資料をつなぎ、公開していくことで、信州の「知の基盤」を作る役割を担っていきたいと考えています。

今後、事業が具体化された場合にはその都度HP等でお知らせいたします。

【お問合せ】 資料情報課(TEL:026-228-4921)

「WikipediaLIB@信州#02【小諸編】」開催します

2017.07.18  カテゴリー: 図書館フォーラム

信州発・これからの図書館フォーラム 第12弾 実践編

wikilib

Wikipedia LIB@信州 #02【小諸編】

信州の図書館を世界の人に知ってもらおう!


2回目となる「WikipediaLIB@信州」は、県立長野図書館を飛び出して、信州で一番歴史の古い図書館(※)である「市立小諸図書館」を会場に行います!

今回は、小諸図書館を知るための「小諸のまち歩き」もやりますよ!明治時代にこの地に図書館が作られた背景、そして、作ろうとした人たちや風土といったような「小諸の学びの系譜」を感じながら歩いてみませんか?もちろん午後は小諸図書館をはじめとした、ウィキペディアにある信州の図書館記事の編集を行います。

1日を通して、知ること・調べること・編集すること・発信することを楽しく体験して、自分のまちや図書館でWikipediaTOWNを開催するノウハウも獲得しましょう。

(※)明治27年創設

「Wikipedia LIB@信州」とは

県立長野図書館では、「信州の図書館」を素材にしたウィキペディア編集イベント「Wikipedia LIB@信州」を開催しています。

これは、誰でも無料で自由に編集に参加できるインターネット百科事典「ウィキペディア」を活用して、「地域」を入口に、何かを知り、調べ、編集し、発信するイベントとして各地で開催されている「WikipediaTown」(※)を、「信州の図書館」を入口としてやってみようというものです。

ウィキペディアにある信州の図書館に関する記事を編集したり、新たに作成することを通じ、「調べること」「知ること」「表現すること」「伝えること」の楽しさを体験していただく場です。

まったくの初心者の方でも成果が感じられるとともに、自分のまちでWikipediaTownを開催したいという方にはそのノウハウを獲得していただけるような機会にしたいと考えておりますので、ぜひお気軽にご参加ください。

(※)誰でも編集できるウェブのフリー百科事典・ウィキペディアに地域の記事を作成・編集するイベント。

▼こんな方はぜひご参加を!

  • ウィキペディアタウンを開催してみたい図書館の方
  • Wikipediaの編集に興味のある方
  • 自分の町の図書館に関するWikipedia記事を執筆・充実させたい方
  • オープンガバメントやオープンデータに関心のある行政職員の方
  • 郷土資料をもっと活用したい図書館員の方
  • 情報リテラシー(情報の探索・選択・編集・表現・発信力)を向上させる役目を担う方
  • 探求型学習のモデルを模索している教員の方 等

日時

平成29年8月19日(土) 10:00-17:00

会場

市立小諸図書館
(〒384-0025 長野県小諸市相生町三丁目3番3号)
http://www.city.komoro.lg.jp/category/institution/bunka-kyouyo/komoro-tosyokan/

対象

  • 図書館員(公共・学校・大学等)
  • 自治体関係者
  • 一般の方どなたでも

定員

50名程度(先着順)

参加費

無料

※昼食は1000円(税込)で斡旋します。ご希望の方は参加申込の際にお申込ください。(詳細は別途ご案内いたします。)

講 師

Asturio Cantabrio 氏(ウィキペディアン)

海獺 氏(ウィキペディアン)

日下九八 氏(ウィキペディア日本語版管理者)

プログラム予定

10:00-10:15 オリエンテーション
10:15-11:25 【講義】図書館のこと、Wikipediaのこと
講師:Asturio Cantabrio 氏、海獺 氏
11:30-12:30 小諸まち歩き
12:30-13:30 -昼休み-
13:30-16:45  【ワークショップ・成果発表・講評】
 資料を探し、記事を執筆し、実際にWikipediaを編集してみる
16:45-17:00  【まとめ】百科事典やオープンデータのこと
 講師:日下九八 氏

※終了後、交流会を予定しています。
※天候によってはまち歩きを中止することがあります。

当日必要なもの

  • ノートパソコン(タブレットも可ですが、操作性からはパソコンをお勧めします)
  • デジカメ(スマホも可)
  • デジカメとパソコンの接続ケーブル
  • WiFiルーター(あればで結構です。市立小諸図書館にもWiFi環境はあります。)
  • まち歩きに適した服装
<ウィキペディア アカウント事前作成のお願い>Wikipedia-logo-v2-ja.png

アカウントをお持ちでない方は、必ず事前にご自宅等で取得の上、ご参加くださるようお願いいたします。

▼参考ページ(外部リンク・Wikipedia)
アカウント作成方法
•アカウント作成ページ

※実名で登録する必要はありません。また、一度作成したアカウントを消去することはできません。
※公序良俗に反するアカウント名を取得することはできません。
※複数人でアカウントを共有することはできません。(参加者が所属する図書館名のアカウントは避けていただいたほうが望ましいです。)
※ご不明な場合は、下記担当までお気軽にお問合せください。

お申込み

下記申込様式に記入のうえ、【市立小諸図書館宛】にメールでお申込ください。

「WikipediaLIB@信州#02【小諸編】参加申込書」(word)

■申込先 :市立小諸図書館 tosho@city.komoro.nagano.jp

■締め切り:8月12日(土)


※添付ファイルという形ではなく、申込様式の事項をメール本文に記載していただいても結構です。

※参加が確定した方にはご案内のメールをお送りいたします。

お問合せ

県立長野図書館 担当:篠田、槌賀、小澤
(企画協力課 直通TEL:026-228-4939)【月曜休館】

参考

○当館公式Facebookページ「信州発・これからの図書館フォーラム」でもイベント情報をご案内しています。

<イベント>「WikipediaLIB@信州#02【小諸編】開催します」

○チラシはこちら>wikilib_komoro

○「WikipediaLIB@信州#01」報告

【まとめ】「WikipediaLIB@信州 #01」を開催しました


※当ページ内のウィキペディアロゴはウィキメディア・コモンズから引用しています。CC 表示-継承 3.0

「キネマポスターと見る『信州の学び舎』-学校史からひもとく地域の想い・願い」

2017.07.08  カテゴリー: 一般図書室

信州デスティネーションキャンペーン応援企画

キネマポスターと見る「信州の学び舎」

ー学校史からひもとく地域の想い・願いー

信州には、古い木造校舎がいくつか残されています。また、豊かな自然の中にある学校の風景はそれだけで絵になるので、映画の撮影で使われることもたびたびあり、今では信州の魅力を発信するスポットのひとつにもなっています。

そのように信州の学校がロケ地や舞台になった映画作品等のポスターを展示しつつ、あわせて当館が収集・所蔵している県内小中高等学校等の「学校史」も展示いたします。ぜひ手にとってご覧いただき、過ぎし日を懐かしむだけでなく、地域の中で学校が果たしてきた役割、人々が教育にかけた願いなどにも触れていただけたらと思います。(協力:信州フィルムコミッションネットワーク)

1707_gakkoshi

■開催期間

平成29年7月8日(土)-8月20日(日)

※ただし、映画ポスターの展示は7月23日(日)までとなりますのでご注意ください。以降は学校史中心の展示になります。

■展示場所

県立長野図書館 2階一般図書室 ナレッジラボ

■展示内容

(1)当館が所蔵する学校史約500冊

県立長野図書館所蔵「学校史」リスト(17年7月現在)(excel 118KB)

※リストに掲載されているすべてを展示してはおりませんのでご了承ください。

(2)長野県内の学校がロケ地・舞台として使われた映画作品等のポスター

  • 『一茶』(旧 飯山市立城南中学校)
  • 『ひるなかの流星』(松本深志高校)
  • 『うさぎ追いしー山極勝三郎物語』(旧 上田市立西塩田小学校、信州大学繊維学部)
  • 『バースデーカード』(岡谷南高校、諏訪市立高島小学校、諏訪南中学校)
  • 『僕だけがいない街』(伊那市立伊那小学校)
  • 『ホテルコパン』(上田市立第三中学校)
  • 『Orange-オレンジー』(旧 飯田工業高校、明科高校、田川高校)
  • 『サムライフ』(上田西高校)
  • 『あの夏で待ってる』(小諸市立芦原中学校)

(3)信州デスティネーションキャンペーンパンフレットや長野県観光マップ、各映画のパンフレットなど(こちらはご自由にお持ち帰りいただけます。お1人各1部まで)

■展示の様子

img_4083img_4086img_4091img_4093

<当館ブログ「よむナガノ」では、展示風景をもっとたくさんご紹介しています。>

■協力

信州フィルムコミッションネットワーク

■その他

「世界級リゾートへ、ようこそ!山の信州」(信州デスティネーションキャンペーン公式サイト)


【お問合せ】資料情報課(TEL:026-228-4921)

7・8月のテーマ本「しらべたいこと 見つけてみよう」

2017.07.05  カテゴリー: 児童図書室

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c magnifier5_boy.png (588×726)  

いよいよ夏休み!
同時に「自由研究ってどうすればいいの?」という心配もやってきます。
図書館は、そんな悩みの解決をお手伝いするところです。

大好きなことって、何かな?
知りたいこと、調べたいことって何かな?
そんなことを考えながら、図書館に来てみませんか。

7・8月のテーマ本は、自由研究に役立つ本を集めます。
ワクワクする本が見つかりますように。

<こんな本がありますよ♪>

天気のしくみQ&A』 森田 正光 学研 2007 【451/テ】

発展学習・自由研究アイデア101 2』 学研 2005 【375/ハ/2】

ふしぎがいっぱい!ニッポン文化 2-1』 こどもくらぶ 旺文社 2009 【291/コ/2-1】

cimg6178cimg6180

自由研究に役立つ【調べ方マニュアル(パスファインダー)】もあります!
こちらのページで見ることができます。→ 「パスファインダー


子どものページ>今月のテーマ本

【お問合せ】資料情報課(TEL:026-228-4921)