12月のテーマ本「クリスマスまであと何日?」

2017.12.14  カテゴリー: 児童図書室

まちはすっかりクリスマスカラーに彩られ、気分はふわふわ浮きたってきます。

クリスマスまであと何日?「その日」をどんな風に過ごしましょうか。

大切な、大好きな、あの人この人に何を贈ろう、どんなご馳走を用意しよう!

喜ぶ顔を思い浮かべながら準備をすれば、当日は大きな笑顔の花が咲くことでしょう。

<こんな本がありますよ♪>

『クッキークリスマス』 うすいのりこ作 偕成社 1991 【E/ク】

『バーニーとトトとクンクンの12月はまいにちがすてき!(エルくらぶ)』 二宮由紀子文 解放出版社 2001 【E/バ】

ぞうくんのクリスマスプレゼント (ぞうくんのちいさなどくしょ)』 セシル・ジョスリン作 あかね書房 2011 【E/ゾ】


○子どものページ>今月のテーマ本

【お問合せ】資料情報課(TEL:026-228-4921)

けんトショ月イチ館内見学ツアーNo.001-01「習ったものを見てみよう」

2017.12.10  カテゴリー: バックヤードツアー

けんトショ月イチ館内見学ツアー No.001-01

「習ったものを見てみよう」

学校の授業で見たことがあるはず!教科書に載っていた本・雑誌等を巡るツアー

県立長野図書館は、月に1回館内見学ツアーを開催します。

毎回、テーマに沿って、いつもは入れない書庫など、図書館のウラ側をゆる~くご案内します。書庫でひっそりと眠る約50万冊の本たちに会いにきてみませんか?

■日  時: 平成29年12月16日(土) 13:30-14:30

■集合場所: 2階一般図書室 ナレッジラボ・UCDL

◎申込不要です。開始5分前までにお集まりください。

■対  象: どなたでも。(小さいお子様の場合は保護者同伴でお願いします)

■テーマ:  「習ったものを見てみよう」

教科書に載っていた「あの本」「あの雑誌」。誰もがきっと一度は学校の授業で目にした・耳にしたことがある資料を実際に見てみよう!

 

【お問合せ】資料情報課(TEL:026-228-4921)

岩波文庫カバー絵コンテスト優秀作品展

  カテゴリー: 一般図書室

岩波書店×信濃毎日新聞社 岩波文庫創刊90年記念

岩波文庫カバー絵コンテスト優秀作品パネル展

岩波文庫創刊90年記念として今年の夏に「岩波文庫カバー絵コンテスト」が開催されました。これは、長野県内の小学生以上の児童・生徒・学生を対象に、読んでみたくなる、手にとってみたくなるような岩波文庫のカバー絵を描いてもらうというものです。

当館ではこのコンテストの優秀作品を下記のとおり展示しています。ぜひご来館の折にご覧ください。

期  間: 平成29年12月24日(日)まで

展示場所: 2階一般図書室内

▼コンテストの詳細はこちらからどうぞ

「岩波文庫カバー絵コンテスト」(信濃毎日新聞社)

【お問合せ】企画協力課(TEL:026-228-4939)

【参加者募集】司法書士無料相談会in県立長野図書館

2017.11.23  カテゴリー: 催し

*県立長野図書館 × 長野県司法書士会 連携事業*

司法書士無料相談会 in 県立長野図書館

170624soudankai
当館では長野県司法書士会と連携して、無料の個別相談会を開催しています。
日常生活におけるトラブル、老後や将来の不安、遺言、相続、家や土地、借金など、様々なご相談を司法書士がお聞きします。秘密は固く守られますので、お気軽にご相談ください。
(要事前申込・参加無料)


日 時: 平成29年12月2日(土) 13:30~15:30 ※相談時間はお1人30分

会 場: 県立長野図書館 会議室 (3階)

定 員: 8名 ※申込先着順 (予定人数に達し次第、締め切らせていただきます。)

申込先: 下記あてにお電話でお願いいたします。

※お申込受付時にお名前と大まかなご相談内容を図書館職員がお聞きしますのでご了承ください。

【申込・お問合せ先】

県立長野図書館 企画協力課 TEL:026-228-4939

共 催: 長野県司法書士会


<今後の予定>  平成30年3月3日(土)

次回は、相談会のほか、ご好評をいただいている「司法書士による身近な法律セミナー」も開催します。詳細は決まり次第ホームページ等でご案内いたします。

11月のテーマ本「大集合!のりもの絵本」

2017.11.14  カテゴリー: 児童図書室

電車やバスの運転士になりたい!
パイロットになって空を飛びたい!
バイクやレーシングカーに乗ってカッコよく走りたい!

子どもにとって、“のりもの”を操縦する仕事は、いつの時代でも憧れの的です
偉いらしいが何をしているかよくわからない「社長さん」よりも、あの大きなバスを目の前で動かしているバスの運転手さんの方がヒーローだったりするのです。

もちろん、大人になっても憧れの乗り物があるという方もいますよね
私はフォークリフトを操縦してみたくて、運転技能講習に通ってみようかと悩んだ時期がありました。
でも仕事で使う機会もないので、なかなか踏ん切りがつかずまだ実行には至っていません

そんなわけで?図書館では“のりもの”の本は、定番の人気ジャンルです。

寒くて天気の良くないような外で遊ぶのをためらってしまう日は、暖かい家の中で親子で憧れの乗りものの絵本を楽しんでみてはいかがでしょうか

<こんな本がありますよ♪>

『じどうしゃ』 寺島龍一画 福音館書店 1966 【E/ジ】

『熱気球』 ガブリエル・バンサン作 もり ひさし訳 BL出版 1998 【E/ネ】

『おばけドライブ』 スズキコージ作 ビリケン出版 2003 【E/オ】

『ちいさいケーブルカーのメーベル』 バージニア・リー・バートン作 桂宥子,石井桃子訳 1980 【E/チ】

『ひこうき』 バイロン・バートン作・絵 金の星社 1992 【E/ヒ】

『ふねにのった』 谷井健三作 福音館書店 1984 【E/フ】


○子どものページ>今月のテーマ本

【お問合せ】資料情報課(TEL:026-228-4921)

第67回長野県図書館大会「元鳥取県知事 片山善博氏記念講演」「片山氏・阿部守一長野県知事対談」

2017.11.04  カテゴリー: 参加者募集, 図書館大会

第67回長野県図書館大会・第29回北信越地区学校図書館研究大会

片山善博氏 記念講演

片山善博氏 × 阿部守一長野県知事 対談

図書館に関わる人・関心のある県民が一堂に会して、これからの図書館のあり方や役割についてともに考える第67回長野県図書館大会・第29回北信越地区学校図書館研究大会が長野市で開催されます。

その中で、元鳥取県知事の片山善博氏による記念講演、また、片山氏と阿部守一長野県知事の対談が行われます。

入場無料・申込不要でどなたでもご参加いただけますので、ぜひお越しください。

日時・会場

平成29年11月11日(土) 14:00-16:00

ホクト文化ホール 中ホール(〒380-0928 長野県長野市若里1丁目1‐3)

◎記念講演 (14:10-15:05)

「大切な図書館を充実させるためには

ー地方自治から図書館を考える」

◎講 師◎

片山 善博(かたやま よしひろ) 氏

早稲田大学公共経営大学院教授 元鳥取県知事

katayamasi-1鳥取県知事時代に、地域の自立と再生を施策の柱に掲げ、地域社会の目指す方向性を示すための取組みを推進。図書館は「地域の知の拠点」として鳥取県立図書館における先進的な運営・施策を進めた。

【講演資料】「大切な図書館を充実させるにはー地方自治から図書館を考える」資料(PDF)

 

◎対談 (15:10-15:50)

「地方自治と図書館」

片山 善博 氏 × 阿部 守一 長野県知事

(コーディネーター:県立長野図書館長 平賀 研也)

abesi

その他

  • 大会は、前日から長野市内小・中学校、県立長野図書館、信州大学工学部などで図書館関係者を対象に公開授業や分科会を開催しています。また、講演会場においても当日は13:50まで開会行事を行っているため、講演・対談の聴講を希望される方は、終わり次第入場可能となります。
  • ホクト文化ホールの駐車場には限りがあります。満車の場合は周辺のコインパーキング等をご利用いただくか、なるべく公共交通機関でお越しください。
  • 開催要項は下記をご覧ください。

「第67回長野県図書館大会・第29回北信越地区学校図書館研究大会」開催要項(PDF)

主催

長野県教育委員会 長野県図書館協会 北信越地区学校図書館協議会 公益社団法人全国学校図書館協議会

【お問合せ】企画協力課(TEL:026-228-4939)

「想いは言葉に」ー県内高等学校文芸部誌を展示します

2017.10.29  カテゴリー: 一般図書室

「想いは言葉に」

県内高等学校文芸部誌を展示します

第42回全国高等学校総合文化祭・2018年信州総文祭が、長野県を舞台に8月7~11日に開催されます。

このうち、文芸部門は佐久平交流センターを会場に、長野の文学ゆかりの地を訪ねる「文学研修」を行います。また、文芸部誌・散文・詩・短歌・俳句の5部門に分かれ、作品の創作や鑑賞、部誌の編集について語る「部門別研修」や、作歌を招いての「記念講演会」を開催します。


img_0038 img_0036

今回は、県高校文化連盟文芸専門部に提出された文芸部誌部門への応募作品を、同部よりご寄贈いただきましたので展示し、文芸部・文芸班の活動を紹介するとともに、2018年信州総文祭を知っていただく機会にしたいと考えます。

上記のように、文芸部誌は散文・詩・短歌・俳句などの単独の作品とは別の部門が設けられています。装丁、構成、段組み、イラストなど、部員の企画・編集の総合的な創作物である文芸部誌をご覧いただき、今の高校生の想いを感じてみてください。img_0033 img_0037

あわせて部員の皆さんからいただいたアンケートと、そこで挙げられている好きな作家の作品も一部展示しています。生徒たちが好む作品は、文豪からいわゆる最近のライトノベル系作家まで様々です。文豪たちの作品にふれるきっかけは授業の教材のほかにも、ゲーム「文豪とアルケミスト」や、漫画『文豪ストレイドックス』など、新しいメディアもあるようです。

展示資料等

school_list sakka

dokushokeikou

【11/5(日)】

文芸部員が県立図書館で総文祭PRを行います!

 

部誌に込められた想いやこだわりを、高校生が本音で語ってくれるかも?!

大会マスコットキャラクターの信州なび助も登場予定ですよ。ぜひお越しください。なび助

会場: 県立長野図書館 2階ナレッジラボ・UCDL(ウチデル)

時間: 13:30頃から 1時間程度

第42回全国高等学校総合文化祭「2018信州総文祭公式サイト」

 

【お問合せ】資料情報課(TEL:026-228-4921)