沿革

西暦 
前史
明治4061907信濃教育会により信濃図書館が設置される
大正13 121924信濃教育会による明治44年以来の県立図書館設置運動が実り、臨時県議会において昭和天皇御成婚記念事業として県立図書館設置が可決される
昭和 481929長野市長門町に県立長野図書館開館(工費24万円、3階建、延べ床面積2,397.78㎡)
信濃図書館の蔵書のほとんどが寄贈される 開館当初から個人貸出を行う
昭和 71932「団体携出」の名称で、官公署・学校等へ団体貸出を開始(昭和26年発展的解消)
昭和 8101933改正図書館令により、長野県の中央図書館に指定される
昭和 961934館報創刊
昭和111936県下青年を対象とした貸出文庫を設け、県内へ発送を始める
昭和14121939『県立長野図書館10年史』刊行
昭和18111943帝国図書館の蔵書疎開が行われ、約133,400冊もの貴重な資料が翌年まで当館に保管される(昭和21年3月返却)
昭和2031945書庫・事務室・館長室以外を長野高等女学校の学校工場(陸軍被服廠縫製工場)に使用するため、館内閲覧中止(翌昭和21年4月再開)
昭和24111949「第1回長野県図書館普及運動」を開催
昭和25121950「県立長野図書館条例」公布施行
「PTA母親文庫」を創設
昭和2631951図書館協議会が発足
「第1回長野県図書館大会」開催(上田市)
昭和3491959「本を読む母親の全国大会」開催(長野市)
11創立30周年、『県立長野図書館30年史』刊行
昭和361019612課制から4課制になり、調査相談課が設置される
昭和3731962新書庫が建設され、収容冊数が7万冊から約15万冊へ増加する
昭和3991964小冊子『調査相談の事例』刊行、配布
昭和4291967複写サービスを開始
マイクロフィルムを導入
昭和44101969「全国図書館大会」開催
昭和52101977『長野県郷土資料総合目録』を刊行
昭和5481979創立50周年、長野市若里へ新館を建設し移転
工費16億7千万円、地下1階地上3階建、延べ床面積8,614㎡  旧館の魯桃桜9本も移植される
昭和5621981『県立長野図書館50年史』刊行
平成 31991館内改修工事を行い、郷土資料室を解体し閲覧室に資料を移動
空いた元郷土資料室は貸出室・親子読書室へ変更
平成 531993電算システム導入(受入、貸出、検索、資料情報管理等)
平成 61994古文書約15,000点を長野県立歴史館へ移管
平成122000「第30回児童に対する図書館奉仕全国研究集会」開催
平成132001コイン式コピー機を導入
平成1422002当館ホームページ開設、WebOPAC(インターネット上の蔵書検索)稼動
平成1522003「PTA母親文庫」を改めた「長野県PTA親子読書推進の会」発足
平成1622004外国籍住民のための外国語資料(ブラジル・中国・韓国・フィリピン・タイ)の受入・貸出を開始
5組織改正が行われ、4課制(総務課・整理課・調査閲覧課・貸出視聴覚課)から3課制(総務課・企画協力課・資料情報課)となる
5移動絵本図書館車「おはなしぱけっと号」を導入(平成21年事業終了)
7貸出対象図書を27万冊から47万冊へ拡大し、児童図書室、一般図書室を設置
平成1742005国立国会図書館「レファレンス協同データベース事業」へ本格参加
平成1822006『県立長野図書館メールマガジン』創刊
6「信濃毎日新聞アーカイブス」導入
平成19122007「官報情報検索サービス」導入
平成2132009インターネット予約貸出サービス開始
長野県内公共図書館横断検索システム導入
平成2242010コーラル文庫開設
平成2342011祝日開館を試行にて実施
12館内の冷暖房設備を全面改修
平成2442012祝日開館を実施
6「関東地区公共図書館協議会総会及び研究発表大会」開催
8県立長野図書館協議会委員を公募で1名専任
平成2742015図書館改革のため任期付の館長を登用
平成2862016一般図書室内新聞・雑誌スペースをワークショップスペースに改修
「聞蔵Ⅱ 朝日新聞データベース」「日経テレコン」導入

参考資料: 『県立長野図書館50年史』,『県立長野図書館概要 昭和62年度~平成28年度』