各種データベース・リンク

当館でご利用いただけるデータベース

2階一般図書室でご利用いただけますので、お気軽にカウンターへお申込ください。またプリントアウトを希望される場合は複写申込書への記入をお願いいたします。
また、Web上でどなたでも無料で利用できるデータベースもご紹介しますので、ぜひご活用ください。

「信濃毎日新聞データベース」(2台)

1995年7月以降の記事はキーワードによる全文検索が可能です。

明治・大正・昭和の信濃毎日新聞の記事見出し約10万件を手がかりに紙面を検索・表示する「明治・大正・昭和の記事見出しデータベース」に加え、最新号までデジタル化して掲載日付・発行区分・ページなどの項目を組み合わせて検索対象の絞り込みができる「紙面データベース」により、目的にあわせてご活用いただけます。

(プリントアウト可。白黒10円、カラー20円/1枚)

「聞蔵Ⅱビジュアル」 朝日新聞記事データベース(1台)

  • 記事検索…『朝日新聞』(1985年以降当日まで)、『週刊朝日』、『AERA』
  • 縮刷版…朝日新聞の創刊号から1989年(明治~昭和)までの紙面検索可

そのほか、『知恵蔵』、『人物データベース』、『歴史写真アーカイブ』、『アサヒグラフ』などのデータベースがご利用いただけます。(プリントアウト可。白黒10円、カラー20円/1枚)

「聞蔵Ⅱ」の詳細については、朝日新聞社のサイトをご参照ください。

 

「日経テレコン」(1台)

日経テレコンはビジネスに必要な情報を網羅した新聞・雑誌記事のデータベースサービスです。

  • 記事検索…日本経済新聞、日経産業新聞、日経MJなどの日経各紙(1975年以降)、速報ニュース、プレスリリース、調査、統計、マーケティング情報等
  • 企業検索…「日経会社プロフィル」約2万2千社、「企業決算」上場会社約3千5百社
  • 人事検索…「日経WHO’S WHO」約30万人の人事データ
  • POSランキング…全国のスーパーマーケット店頭で販売されている加工食品・家庭用品のPOSデータに基づく週次・月次の売れ筋商品ランキング

ビジネスにおける課題解決ツールとしてぜひご活用ください。(プリントアウト可。白黒10円、カラー20円/1枚)

「日経テレコン」の詳細については、日本経済新聞社のサイトをご参照ください。(※当館でご利用いただけるのは図書館向けのバージョンとなりますので、サイトに記載の内容と一部異なることがあります。)

「信州デジくら」(共用1台)

長野県では、地域の今、そして歴史を記録、収集するとともに、県が所蔵している各種資料のデジタル化を進めています。その「長野県デジタルアーカイブ推進事業(愛称「信州デジくら」)」の一環として、当館が所蔵する郷土資料の内、江戸時代の資料213点、明治時代(明治元年から明治34年まで)の資料237点の合計450点(22,000コマ)についてデジタル化を行い、インターネットで公開しています。

このサービスは、「いつでも、どこでも、無料で」、当館が所蔵する郷土資料のデジタル画像を閲覧、印刷できるインターネットサービスです。利用者の皆様が図書館に直接来館することなく、インターネット上で閲覧することで利便性を向上させ、同時に原資料をより良い状態で保存することを目的としています。

banDigiKura

(参考)国立国会図書館でデジタル化されている郷土資料

NDLのデジタル化資料の一覧

この一覧は、「国立国会図書館近代デジタルライブラリー」(明治・大正期刊行図書の資料本文をデジタル画像で閲覧できるサービス)の中から当館が所蔵する明治時代の郷土資料を拾い出したものです。(ただし、当館所蔵の長野県関係資料をすべて抽出したものではありません。)

「長野県市町村史誌目次情報データベース」(共用1台)

長野県内の市町村史誌の目次を閲覧でき、キーワードで横断検索も可能です。

長野県市町村史誌目次情報データベース

「D1-Law.com 法情報総合データベース(第一法規)」(1台)

「第一法規法情報総合データベース」が提供する機能のうち、「現行法規(履歴検索)」、「判例体系」、「法律判例文献情報」がご利用いただけます。

「現行法規履歴検索」は任意の日付で、その時点で有効だった条文の検索が可能。多彩な検索機能を備えた国内最大級の判例データベースである「判例大系」は、幅広い収録対象誌から収集した文献情報が検索できる「法律判例文献情報」と相互にリンクしたリサーチが可能です。

(プリントアウト可。白黒のみ1枚10円)

【国立国会図書館】「歴史的音源」(共用1台)

「歴史的音源」とは、1900年初頭から1950年前後に国内で製造されたSP盤等の音源を歴史的音源アーカイブ推進協議会(HiRAC)がデジタル化し国立国会図書館が提供しているものです。 「歴史的音源」に含まれる音源のうち、著作権および著作隣接権の保護期間満了が確認できた一部の音源についてはすでにインターネットで公開されていますが、それ以外の大部分の音源についても国立国会図書館の施設内と同じようにご利用いただけます。

ヘッドホンをお貸ししますが、ご自分のヘッドホン・イヤホンの使用も可能です。

■音源の複製・ダウンロードはできません。

banner_rekion

 

TOPへ

【国立国会図書館】「デジタル化資料送信サービス(図書館送信)」(1台)

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)は、国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、インターネットで公開されている約47万点の資料に加え、絶版等の理由で入手が困難な約131万点の資料について、公共図書館・大学図書館等(国立国会図書館の承認を受けた図書館に限ります。)にデジタル画像を送信し、各図書館で画像の閲覧・複写ができるようになるサービスです。サービスやタイトル等の詳細については国立国会図書館の下記サイトでご確認ください。

→「図書館向けデジタル化資料送信サービスについて

このサービスをご利用いただけるのは、県立長野図書館の利用カードをお持ちの方です。
複写を希望される場合は、専用の複写申込書に必要事項をご記入のうえ、職員にお渡しください。(白黒10円、カラー20円/A3サイズ1枚)

banner_digi

TOPへ

「官報情報検索サービス」(1台)

官報(本紙、号外、政府調達公告版、資料版、目録)をインターネットで検索できるサービスです。
昭和22年5月3日・日本国憲法施行日以降~当日発行分(当日分は午前11時以降に公開)までの官報が、日付と記事から検索できます。

TOPへ

その他公共機関・大学のデジタルアーカイブ、データベースへのリンク

どなたでも無料で検索ができます。

■長野県立歴史館

長野県立歴史館収蔵データ(歴史情報提供システム)

長野県立歴史館が所蔵している古文書、古地図、県庁などで作成された公文書、映像資料、近現代史資料、歴史関係の図書・雑誌などをそれぞれ分野別に検索できます。

logo_footer 長野県立歴史館収蔵データ(歴史情報提供システム)

TOPへ

信州大学

■信州大学学術情報オンラインシステムSOAR

信州大学の研究者による研究成果を検索し、論文をインターネット上で閲覧することができます。

研究者の情報を調べる「研究者総覧」と、研究成果である論文等をさがす「機関リポジトリ」による検索があります。

信州大学学術情報オンラインシステムSOAR

■信州共同リポジトリ

長野県内の高等教育機関(大学、短大、高等専門学校など)による教育・研究・地域貢献活動の成果物を検索できます。

logo_shinshukyodo_s

TOPへ

国立国会図書館

■国立国会図書館 NDL-OPAC

国立国会図書館の所蔵資料(和図書、洋図書、和雑誌・和新聞、洋雑誌・洋新聞、電子資料、国内博士論文など)を検索できます。
また、学術雑誌を中心とした国内刊行雑誌の雑誌記事も検索できます。

banNatDietLib banner_ndl_opac

■国立国会図書館サーチ

国立国会図書館所蔵資料や、全国の公共図書館、公文書館、美術館や学術研究機関等が提供する資料、デジタルコンテンツを検索できます。

ndlsearch_banner_01

■国立国会図書館デジタルコレクション

 

上記で紹介している「図書館向けデジタル化資料送信サービス」の一般公開版です。国立国会図書館で収集・集積されているデジタル化資料を検索・閲覧できます。利用登録等の必要はなく、どなたでも自由にご利用いただけます。

banner_digi

TOPへ

国立情報学研究所

■CiNii(サイニィ)

論文や図書・雑誌などの学術情報が検索できるデータベースサービスです。日本の学術論文を中心に、本文や引用文献へのナビゲーション機能を提供しています。

nii_service_img_cinii

■Webcat Plus

全国の大学図書館や国立国会図書館の所蔵目録、新刊書の書影・目次DB、古書店の在庫目録、電子書籍DBなど、本に関するさまざまな情報源を統合して検索できます。

banner153x39

その他

■電子政府の総合窓口 e-gov(イーガブ)

法令(憲法・法律・政令・勅令・府令・省令・規則)の内容を検索したり、各府省が実施した統計調査などの結果への案内があります。

000051635 e-Gov_Logo_B

TOPへ

■ディープライブラリー:専門図書館検索サービス

専門図書館の蔵書を横断検索できるサービスです。公共図書館では入手困難な専門的な資料が見つかります。「参加館一覧」からは各館のサービス内容や開館時間等の概要がわかります。

deeplibrary_logo

平成28年2月末日現在の参加館は次のとおりです。

  • アジア経済研究所図書館(ジェトロ)
  • (公財)日本海事センター海事図書館
  • 国際交流基金ライブラリー
  • 市政専門図書館
  • BICライブラリ
  • 建設産業図書館
  • 国立女性教育会館女性教育情報センター
  • JICA図書館

TOPへ

■先生のための授業に役立つ学校図書館データベース

東京学芸大学学校図書館運営専門委員会が作成している学校図書館を活用した授業実践のデータベースです。校種、教科・領域、学年を指定して授業実践を検索できるほか、公開されている指導案、ワークシート、ブックリストは新たな授業づくりに活用できます。

TOPへ