市立小諸図書館

「第34回日本図書館協会建築賞」を受賞しました

 

    

このたび、市立小諸図書館が「第34回日本図書館協会建築賞」を受賞しました。信州で一番古い歴史(※)をもつ同館は、市民との対話を重ねて平成27年に新たな図書館を作りました。今回の受賞は、その建物の素晴らしさだけでなく、市民と共に作り上げてきたサービスも評価されています。おめでとうございます。

(※)明治27年創設

「日本図書館協会建築賞」とは

日本図書館協会建築賞は,日本図書館協会が「優れた図書館建築を顕彰し,それを広く世に知らせることによって,図書館建築の質の向上を図ること」を目的として定めるものです。
優れた図書館建築とは,建築としての質はもとより,そこで展開されているサービスもよく行われていることが条件となります。つまり,器(建築)と中身(サービス)が調和し,いずれにおいても優れていることを意味します。

(日本図書館協会HP「日本図書館協会建築賞(第35回)応募要項」趣旨より転載)

【お問合せ】市立小諸図書館(TEL:0267-22-1019)

塩尻市立図書館 〔信州しおじり子ども本の寺子屋〕

目指せ!図書館マスター

参加者募集のお知らせ

ふだんは見ることのできない図書館の中をのぞいたり、本や司書、図書館全体について学んだりしながら司書の仕事を体験します。

すべてやりとげると、君だけの「図書館マスター認定証」を発酵します。本や図書館のことを知って、もっと世界を広げよう!

■募集期間 平成30年5月7日~6月24日(日)

■開催期間 平成30年7月8日(日)~11月18日(日)(全10回講座)

■講師: 塩尻市立図書館 司書

■対象: 小学5年生~中学生

■定員: 15人(※定員が5名に満たない場合は開催を見送ります。)

■スケジュール: 詳しくは下記画像や添付チラシ(PDF)をご覧ください。

  

■「目指せ!図書館マスター」チラシ(PDF)

【お問合せ】塩尻市立図書館(TEL:0263-53-3365)

北アルプス連携自立圏(大町市・池田町・松川村・白馬村・小谷村)

大北の図書館の相互利用がさらに便利になりました!

5館の連携によりどの図書館でも本の貸出・返却ができます

平成29年10月1日からスタートした大北地域の5図書館相互利用がさらに便利になり、どの図書館でも本の貸出・返却ができるようになりました。

<利用できる図書館>

<ご利用にあたって>

  • 他の図書館との貸出や返却は数日かかります。
  • 利用するためには各図書館ごとの利用カードが必要になりますので、住所確認などが必要ですので、運転免許証、保険証などをお持ちください。
  • 貸出図書の種類や冊数、貸出期間等は図書館ごとに異なりますので、各図書館にご確認ください。
  • リクエストサービスについてはお住まいの市町村の図書館へお申込みください。
  • その他、詳しくは各図書館へお問合せください。

 

【チラシ】「北アルプス連携自立圏5館相互利用がさらに便利になりました!」(PDF)

小布施町立図書館(まちとしょテラソ)では、「学びの場」「子育ての場」「交流の場」「情報発信の場」の4つの理念のもと、「交流と創造を楽しむ、文化の拠点」と位置づけ、この活動を推進させて小布施町の文化振興の発展・向上に努めていただける新館長を募集しています。

主な要項は下記のとおりです。

募集人数

1人

応募資格

  1. 住所    採用後小布施町内に居住できる人
  2. その他  学歴、司書資格、年齢不問

勤務条件

  1. 勤務地    小布施町立図書館(まちとしょテラソ)
  2. 給料等    月額 375,000円 (その他手当は町規定に準ずる)
  3. 勤務     日数:一般職員と同じ(休日は不定期)
    時間:週38.75時間でフレックスタイム制
  4. 任用期間  平成30年4月1日~平成33年3月31日の3年間
    ※任期満了後、更に2年延長の可能性あり
  5. その他    年次休暇等は一般職員と同じ
    ※適格者がいない場合は採用を見合わせることもあります

▼その他、試験内容や応募方法等の詳細は下記のページをご覧ください。

「新図書館長を募集します」(小布施町教育委員会)

【お問合せ】小布施町教育委員会生涯学習係(TEL:026-214-9111)

北アルプス連携自立圏

大町市・池田町・松川村・白馬村・小谷村

図書館相互利用がスタートします!

171001_kitaalps1 171001_kitaalps2

このたび北アルプス連携自立圏(大北地域)の5つの図書館が連携し、平成29年10月1日から、この地域に在住・通勤・通学している方はどなたでも5つの図書館を利用することができるようになりました。

<利用できる図書館>

<ご利用にあたって>

  • 利用するためには各図書館ごとの利用カードが必要になりますので、住所確認できる証明書類をご持参のうえ、各館で発行手続きをとってください。
  • 借りた本は、借りた図書館へ返却してください。
  • その他、詳しくは各図書館へお問合せください。

 

【チラシ】北アルプス連携自立圏「図書館相互利用のお知らせ」(PDF)