電車やバスの運転士になりたい!
パイロットになって空を飛びたい!
バイクやレーシングカーに乗ってカッコよく走りたい!

子どもにとって、“のりもの”を操縦する仕事は、いつの時代でも憧れの的です
偉いらしいが何をしているかよくわからない「社長さん」よりも、あの大きなバスを目の前で動かしているバスの運転手さんの方がヒーローだったりするのです。

もちろん、大人になっても憧れの乗り物があるという方もいますよね
私はフォークリフトを操縦してみたくて、運転技能講習に通ってみようかと悩んだ時期がありました。
でも仕事で使う機会もないので、なかなか踏ん切りがつかずまだ実行には至っていません

そんなわけで?図書館では“のりもの”の本は、定番の人気ジャンルです。

寒くて天気の良くないような外で遊ぶのをためらってしまう日は、暖かい家の中で親子で憧れの乗りものの絵本を楽しんでみてはいかがでしょうか

<こんな本がありますよ♪>

『じどうしゃ』 寺島龍一画 福音館書店 1966 【E/ジ】

『熱気球』 ガブリエル・バンサン作 もり ひさし訳 BL出版 1998 【E/ネ】

『おばけドライブ』 スズキコージ作 ビリケン出版 2003 【E/オ】

『ちいさいケーブルカーのメーベル』 バージニア・リー・バートン作 桂宥子,石井桃子訳 1980 【E/チ】

『ひこうき』 バイロン・バートン作・絵 金の星社 1992 【E/ヒ】

『ふねにのった』 谷井健三作 福音館書店 1984 【E/フ】


○子どものページ>今月のテーマ本

【お問合せ】資料情報課(TEL:026-228-4921)

「想いは言葉に」

県内高等学校文芸部誌を展示します

第42回全国高等学校総合文化祭・2018年信州総文祭が、長野県を舞台に8月7~11日に開催されます。

このうち、文芸部門は佐久平交流センターを会場に、長野の文学ゆかりの地を訪ねる「文学研修」を行います。また、文芸部誌・散文・詩・短歌・俳句の5部門に分かれ、作品の創作や鑑賞、部誌の編集について語る「部門別研修」や、作歌を招いての「記念講演会」を開催します。


img_0038 img_0036

今回は、県高校文化連盟文芸専門部に提出された文芸部誌部門への応募作品を、同部よりご寄贈いただきましたので展示し、文芸部・文芸班の活動を紹介するとともに、2018年信州総文祭を知っていただく機会にしたいと考えます。

上記のように、文芸部誌は散文・詩・短歌・俳句などの単独の作品とは別の部門が設けられています。装丁、構成、段組み、イラストなど、部員の企画・編集の総合的な創作物である文芸部誌をご覧いただき、今の高校生の想いを感じてみてください。img_0033 img_0037

あわせて部員の皆さんからいただいたアンケートと、そこで挙げられている好きな作家の作品も一部展示しています。生徒たちが好む作品は、文豪からいわゆる最近のライトノベル系作家まで様々です。文豪たちの作品にふれるきっかけは授業の教材のほかにも、ゲーム「文豪とアルケミスト」や、漫画『文豪ストレイドックス』など、新しいメディアもあるようです。

展示資料等

school_list sakka

dokushokeikou

【11/5(日)】

文芸部員が県立図書館で総文祭PRを行います!

 

部誌に込められた想いやこだわりを、高校生が本音で語ってくれるかも?!

大会マスコットキャラクターの信州なび助も登場予定ですよ。ぜひお越しください。なび助

会場: 県立長野図書館 2階ナレッジラボ・UCDL(ウチデル)

時間: 13:30頃から 1時間程度

第42回全国高等学校総合文化祭「2018信州総文祭公式サイト」

 

【お問合せ】資料情報課(TEL:026-228-4921)

一般図書室ミニ企画

平成29年度 がんと向き合う週間

■開催期間:平成29年10月15日(日)~22日(日)

■場  所:県立長野図書館 2階一般図書室内

平成25年に制定された「長野県がん対策推進条例」では、毎年10月15日から21日までを「がんと向き合う週間」として定めています。当館でもそれにあわせてがんに関する本などを集めたミニ企画コーナーを設けました。

並べてある本はごく一部ですので、お探しの情報がここに無い場合はぜひ医療分野の書棚に行ってみてください。もしくは、図書館職員にお声掛けいただければ情報探しのサポートさせていただきます。どうぞご活用ください。

kikaku1710-1  kikaku1710-2

参考情報

長野県のがん情報(長野県公式サイト)

がん予防や検診、医療相談、また事業者向けや医療者向け情報などが充実しています。

長野県がん対策推進条例(PDF)

がん情報サービス(国立がん研究センター)

がんと仕事のQ&A、家族や身近な方ががんになった時、など、医療的な情報のほか生活に関する様々な情報が掲載されている役立つサイトです。

Mindsガイドラインライブラリ(公益財団法人日本医療機能評価機構)

診療ガイドラインを調べられるサイトです。診療ガイドラインとは、科学的根拠に基づき、系統的な手法により作成された推奨を含む文章を指し、診療方法の選択肢について患者と医療者が情報を共有し、意思決定の際に判断材料の一つとして利用することを目的としています。このサイトでは疾患ごとにガイドラインを調べることができます。

【お問合せ】企画協力課(TEL:026-228-4939)

 

10月は和名で「神無月」といいます。
日本中にいる神さまが島根県の出雲大社に集まり、各地からいなくなります。
だけど神さまの中には出雲大社に出かけない「留守神さま」もいます。

姿は見えなくても、いつも私たちのことを見守ってくれている
神さまがいると思えば安心ですね。
でも神さまって、どんな人なんでしょうか?

<こんな本がありますよ♪>

『つくもがみ』 京極夏彦 岩崎書店 2013 【E/ツ】

『学習に役立つわたしたちの年中行事 10月』 芳賀日出男 クレオ 2006 【386/ハ/10】

『こどものすきなかみさま』 新美南吉 チャイルド本社 2006 【E/コ】


○子どものページ>今月のテーマ本

【お問合せ】資料情報課(TEL:026-228-4921)

暑い夏から秋へバトンタッチする9月。time4_yoru.png (577×534)
暦の上では、8日頃に秋の気配が見え、
「秋分」を過ぎると夜も長くなり、
深まる秋をいっそう感じるようになります。
そして、夜空には秋の星座も顔を出しはじめます。

天頂にはベガ、アルタイル、デネブでできた「夏の大三角形」と、
アンドロメダ座とペガスス座をつないでできる「秋の四辺形」が
となり合って輝いています。
天気の良い夜には肉眼でも十分に見えますよ!

星や星座を扱った本はたくさんあるので、親子の星空観察のお供に、
ぜひいかがでしょうか?

star.png (1000×71)

<こんな本がありますよ♪>

『いつでも星を』 メアリ・リン・レイ ブロンズ新社 2012 【E/イ】

うちゅう せいざ (フレーベル館の図鑑ナチュラ)』 無藤隆 フレーベル館 2005 【440/ウ】

『アネモネの花になったアドーニス 水星と金星の伝説 (太陽・月と惑星の伝説)』 瀬川昌男 小峰書店 1992 【164/セ】


○子どものページ>今月のテーマ本

【お問合せ】資料情報課(TEL:026-228-4921)

信州デスティネーションキャンペーン応援企画

キネマポスターと見る「信州の学び舎」

ー学校史からひもとく地域の想い・願いー

信州には、古い木造校舎がいくつか残されています。また、豊かな自然の中にある学校の風景はそれだけで絵になるので、映画の撮影で使われることもたびたびあり、今では信州の魅力を発信するスポットのひとつにもなっています。

そのように信州の学校がロケ地や舞台になった映画作品等のポスターを展示しつつ、あわせて当館が収集・所蔵している県内小中高等学校等の「学校史」も展示いたします。ぜひ手にとってご覧いただき、過ぎし日を懐かしむだけでなく、地域の中で学校が果たしてきた役割、人々が教育にかけた願いなどにも触れていただけたらと思います。(協力:信州フィルムコミッションネットワーク)

1707_gakkoshi

■開催期間

平成29年7月8日(土)-8月20日(日)

※ただし、映画ポスターの展示は7月23日(日)までとなりますのでご注意ください。以降は学校史中心の展示になります。

■展示場所

県立長野図書館 2階一般図書室 ナレッジラボ

■展示内容

(1)当館が所蔵する学校史約500冊

県立長野図書館所蔵「学校史」リスト(17年7月現在)(excel 118KB)

※リストに掲載されているすべてを展示してはおりませんのでご了承ください。

(2)長野県内の学校がロケ地・舞台として使われた映画作品等のポスター

  • 『一茶』(旧 飯山市立城南中学校)
  • 『ひるなかの流星』(松本深志高校)
  • 『うさぎ追いしー山極勝三郎物語』(旧 上田市立西塩田小学校、信州大学繊維学部)
  • 『バースデーカード』(岡谷南高校、諏訪市立高島小学校、諏訪南中学校)
  • 『僕だけがいない街』(伊那市立伊那小学校)
  • 『ホテルコパン』(上田市立第三中学校)
  • 『Orange-オレンジー』(旧 飯田工業高校、明科高校、田川高校)
  • 『サムライフ』(上田西高校)
  • 『あの夏で待ってる』(小諸市立芦原中学校)

(3)信州デスティネーションキャンペーンパンフレットや長野県観光マップ、各映画のパンフレットなど(こちらはご自由にお持ち帰りいただけます。お1人各1部まで)

■展示の様子

img_4083img_4086img_4091img_4093

<当館ブログ「よむナガノ」では、展示風景をもっとたくさんご紹介しています。>

■協力

信州フィルムコミッションネットワーク

■その他

「世界級リゾートへ、ようこそ!山の信州」(信州デスティネーションキャンペーン公式サイト)


【お問合せ】資料情報課(TEL:026-228-4921)

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c magnifier5_boy.png (588×726)  

いよいよ夏休み!
同時に「自由研究ってどうすればいいの?」という心配もやってきます。
図書館は、そんな悩みの解決をお手伝いするところです。

大好きなことって、何かな?
知りたいこと、調べたいことって何かな?
そんなことを考えながら、図書館に来てみませんか。

7・8月のテーマ本は、自由研究に役立つ本を集めます。
ワクワクする本が見つかりますように。

<こんな本がありますよ♪>

天気のしくみQ&A』 森田 正光 学研 2007 【451/テ】

発展学習・自由研究アイデア101 2』 学研 2005 【375/ハ/2】

ふしぎがいっぱい!ニッポン文化 2-1』 こどもくらぶ 旺文社 2009 【291/コ/2-1】

cimg6178cimg6180

自由研究に役立つ【調べ方マニュアル(パスファインダー)】もあります!
こちらのページで見ることができます。→ 「パスファインダー


子どものページ>今月のテーマ本

【お問合せ】資料情報課(TEL:026-228-4921)

*県立長野図書館 × 長野県司法書士会 連携事業*

司法書士無料相談会 in 県立長野図書館


170624soudankai
今年度も当館では長野県司法書士会と連携して、無料の相談会を開催します。
日常生活におけるトラブル、老後や将来の不安、遺言、相続、家や土地、借金など、様々なご相談を司法書士がお聞きします。秘密は固く守られますので、お気軽にご相談ください。
(要事前申込・参加無料)


日 時: 平成29年6月24日(土) 13:30~15:30 ※相談時間はお1人30分

会 場: 県立長野図書館 会議室 (3階)

定 員: 8名 ※申込先着順 (予定人数に達し次第、締め切らせていただきます。)

申込先: 下記あてにお電話でお願いいたします。

※お申込受付時にお名前と大まかなご相談内容を図書館職員がお聞きしますのでご了承ください。

【申込・お問合せ先】

県立長野図書館 企画協力課 TEL:026-228-4939

共 催: 長野県司法書士会


<今後の予定>  平成29年9月2日(土)

次回の9月は、相談会のほか、ご好評をいただいている「司法書士による身近な法律セミナー」も開催します。詳細は決まり次第ホームページ等でご案内いたします。

春から夏に移り変わり、これからは多くの虫たちと出会える季節です。
加えて6(ム)月4(シ)日は「虫の日」ということで、
今月は「虫たちの世界」をテーマに絵本を集めました!

光ゆらぐホタル、力強い角を持つカブトムシ、色とりどりに舞う蝶や、迫力満点のカマキリなど、
季節や場所、地域によって出会える虫も様々です。

ただし、毒やとげなどを持っていて危ない種類もいますので、図鑑などで調べて、
生態や種類なども学んでみてはいかがでしょうか?
今月は、虫たちが活躍する絵本を集めてお待ちしています。

<こんな本がありますよ♪>

ぼく、だんごむし (かがくのとも傑作集)』 得田之久 福音館書店 2005 【E/ボ】
『とべバッタ (創作大型えほん)』 田島征三 偕成社 1988 【E/ト】
『りんごとちょう』 イエラ・マリ ほるぷ出版  1979 【E/リ】


子どものページ>今月のテーマ本

【お問合せ】資料情報課(TEL:026-228-4921)

 

re90s

確かに「あの頃」はあったのに。
私たちは懸命に「あの頃」を生きていたのに。
失われたものとは一体なんなのだろう。

「失われた十年(ロストジェネレーション)」と呼ばれる1990年代。
その呼び方には、まるですべてが無かったことになるような空虚な響きを感じます。

あの頃の片鱗を集め、並べることによって、なにかが見えてくるかもしれません。
そしてそのムコウにあるものを探してみませんか?

全国の図書館初?!お持ち帰りができる企画展【第2弾】

「Re’90s(リ・ナインティーズ)
-失ワレタ十年(ロスジェネ)ノムコウ-」

 

昨秋に開催し好評をいただいた、除籍本を活用した企画展の第2弾です。

今回スポットをあてるのは1990年代の本。年代順に展示することで本のかたまりからその時代の色を感じていただけるようにしました。もちろん今回も気に入った本を自由にお持ち帰りいただけますので、ぜひ「あの頃」を探しにお出かけください。

 

開催期間

平成 29年 6月 1 日(木)~29 日(木) →期間中の休館日はこちら

場 所

県立長野図書館 2 階 一般図書室内ナレッジラボ

展示冊数

約 1,000 冊

展示内容

・当館の所蔵資料から除籍をした 1990 年~99 年に刊行された単行本

・PTA 母親文庫、公民館文庫等の紹介パネル

・年代ごとの出来事紹介パネル 等

その他

お持ち帰りできる除籍図書の企画展示のため、展示図書は随時補充していきます。


※県内の公共図書館設置自治体率が70%を超え、またPTA 母親文庫(長野県PTA 親子読書推進の会 )の活動も終了したこと をふまえ、団体貸出サービスで各拠点への貸出用として複数冊用意していた図書を整理しています(1冊は残し、それ以外は除籍)。今回はその除籍した図書を活用した企画展です。


■参考:昨秋に開催した企画展の概要は下記からどうぞ。

全国の図書館初?!お持ち帰りできる企画展【第1弾】「Re’80(リ・エイティーズ)ーバブルでトレンディだった新人類たちへー」

 

【お問合せ】企画協力課(TEL:026-228-4939)